2008年4月15日火曜日

ギター録り


こんばんわ。ミネフスキーです。

今日は池袋のスタジオにギター録りに行ってきました。いつも自宅でデモ作るときはライブで使ってるエフェクトボードを通して、アンプシミュレータで録ってるんですが、せっかくだからスタジオのマーシャルでマイク録りしてみようかなと思ったわけです。だいぶ昔に買ったSHUREの57も活躍したことないし。

3時間で3曲、ぶっ通しで録りまくって、ヘトヘトで帰ってきたんですが、さてどんなもんかなーということでさっきPro Toolsに流して聴いてみたんですが、

...イマイチっす。

なんだろ?マイク録りならではの生々しさとか期待してたんだけど、ダメだな~。録ってる時って、テンションも違うし、その場で録った音を確認しても、冷静じゃないんですよね。スタジオ予約して、電車乗って、マイクセットして...というプロセスを経ているから。一息ついて落ち着いてから聴かないと判断できない。その点、自宅で録る時は出来上がりのイメージに近い音を同時に聴きながら演奏できるので、音作りが楽だし及第点の音まですぐに到達できるんですね。

アンプシミュで録り直しだ。休みの1日返せ、俺。

2 件のコメント:

mania さんのコメント...

おニャンCOREクラブの最初のDEMOみたいな、熱っーいギター、楽しみにしてますよ!

minevski さんのコメント...

maniaさん

いつもありがとうございます。
今録ってるのはカバーなので、発表できるかどうか分かりませんが、何か方法考えます。あくまでお試し録音ですから、年末目標のオリジナルの方を気長に待っててくださいねー。